障害者定着へNPOと協定 法定雇用率達成促す 愛知経協

2022.07.07 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

中小と支援事業所つなぐ

 愛知県経営者協会(大島卓会長)は、会員企業の障がい者雇用と定着を推進するため、NPO法人障がい者自立支援センターなごや就労移行支援事業所マーム(松浦真美理事長)とパートナーシップ協定を結んだ。受入れ意向を持つ300人未満の会員を主な対象とし、所在地に合わせて最適な県内の就労支援事業所とのマッチングを図り、法定雇用率2.3%の達成を後押しする。同経協では、「経営者団体が就労移行支援事業所と協定を結ぶのは恐らく初めてではないか」と話している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年7月11日第3360号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。