来年賃上げに期待 「勢いはまだ続く」と 同友会代表

2015.10.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経済同友会の小林喜光代表幹事はこのほど、政策全般に関する記者会見を開き、いくつか障害があるものの、来年の賃金アップについては「若干期待できる」状況にあると話した。

 小林代表幹事は、原油価格が下がり物価は急激には上がらないと観測。企業収益については、完全に為替がフラットになっており、2013~14年に儲けた部分がすでになくなっているとした。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年10月12日第3036号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ