在宅就業を後押し ひとり親家庭

2014.09.15 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、ひとり親家庭への在宅就業を促進するため、仕事の発注に対する奨励制度を設けるべきとする検討会報告を明らかにした。

 在宅就業を行うひとり親家庭に適切に仕事が回るようにする必要があるが、現実にはその確保が困難となっている。国や自治体が優先的に発注するとともに、企業に対して発注へのインセンティブを与える仕組みを検討すべきと提言した。

関連キーワード:
平成26年9月15日第2985号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。