臨時国会 女性活躍推進法を提出 時間外慣行の是正へ 厚労省

2014.09.01 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

中立な税制・社会保障も

 厚生労働省は、女性が活躍できる社会環境の総合的・集中的な整備に向け、臨時国会に新たな法律案を提出する意向だ。女性の活躍や男性の育児・介護などへの参加を妨げる時間外労働慣行の是正や指導的地位にある者の女性の割合を3割とする目標値の設定、女性の就業形態に中立的な税制・社会保障の確立などが法案の柱となる。「日本再興戦略」の改訂版は、女性の活躍推進をめざした「法的枠組みの構築」を課題に挙げていた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年9月1日第2983号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。