人材不足さらに悪化 介護労働で実態調査 介護安定センター

2015.09.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 介護労働安定センター(樋口冨雄会長)の平成26年度介護労働実態調査によると、介護サービスに従事する従業員の不足感がさらに増していることが明らかになった。

 同従業員の不足感を訴えた介護事業所は59%と約6割となり、前年度の57%を上回った。理由として、圧倒的多数の72%が採用の困難さを指摘している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月7日第3031号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ