非常事態には情報の選択を 千葉・BCPセミナー

2014.08.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 対策本部が立てた方針に従い情報の取捨選択を――公益財団法人千葉県産業支援センターは、中小企業向けにBCP(事業継続計画)に関するセミナーを開催した。講師は一般財団法人リスクマネジメント協会の浅野睦理事(=写真)が務めている。

 浅野理事は「大震災などの非常事態が発生してすぐの対策会議では、集まってくる情報のランク付けが大切だ。平時に情報収集用一覧表を作り、非常時にはそこへ情報を記入・集約するのが良い」とした。

 社員の帰宅判断、二次被害防止、立入禁止区域設定などを順に決めていくべきとしている。

関連キーワード:
平成26年8月18日第2981号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ