裁量労働制みなし時間 半数が所定時間で設定 実態考慮せず決定か 品川労基署

2014.07.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

全労働者に適用1割弱も

 東京・品川労働基準監督署(古屋希子署長)は、専門業務型裁量労働制を導入している企業に対する実態調査を行った。5割近くの事業場で業務遂行に必要とされるみなし労働時間を所定時間で設定していることが分かった。設定の根拠について「とりあえず所定時間」「とくに根拠なし」が2割超とめだち、勤務実態を考慮せずにみなし労働時間を決定している疑いが強い。対象労働者の比率が100%とした事業場が1割弱あり、対象業務を拡大解釈している疑いも濃厚とみている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年7月28日第2978号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ