建設業 週休2日実現へ工期設定 国交省有識者会議

2014.07.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

人材確保で中間報告 若手の早期活躍も推進

 国土交通省は、建設産業活性化会議(座長・髙木毅国交副大臣)を開き、担い手の確保・育成に向けた議論の中間とりまとめを行った。官民一体となって取り組む施策として、適切な賃金水準の確保や、適正な工期設定を通じた週休2日制の実現などを盛り込んだ。優秀な若手技術者に対する技術検定の受験資格の早期付与や、若年技能者へのキャリアパスの提示などによって、若手の早期活躍を推進する方針も打ち出している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年7月21日第2977号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ