IT企業 多重派遣で事業停止命令 「出向」装い送り出す

2015.07.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

派遣元事業主10社が関与

 東京労働局(西岸正人局長)は、システムエンジニアの多重派遣を行ったとして、特定派遣元事業主でIT企業の㈱アルバドア(東京都中央区)に対し、労働者派遣法に基づき事業停止および事業改善を命令した。他社から受け入れた労働者を「出向」などと称して通信サービス会社に送り込んでいたが、実態は職業安定法で禁止されている労働者供給事業の状態だった。多重派遣に関与した派遣元は10社に及ぶ。このうち、他社が雇用する労働者をアルバドアに派遣した一般派遣元事業主㈱アクセントキーテクノロジー(東京都港区)にも事業改善を命じている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年7月13日第3024号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ