2万人対象に生涯追跡調査 原発緊急作業者

2014.07.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、東電福島第一原発緊急作業従事者に対する「疫学的研究」のあり方に関する検討報告書を明らかにした。緊急作業従事者2万人全員を対象集団とし、累積被ばく線量による健康被害と心理的影響を継続的に調査する方針。調査研究は、平成27年度から本格化させる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年7月7日第2975号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ