前年比1万4千円増 出版以外軒並み増加に 夏季一時金・本紙調査

2015.07.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今年の夏季一時金の水準を本紙が調べたところ(6月19日現在)、133社の平均で58万5147円となった。前年より1万3954円上回っており、月数は前年(2.29カ月)とほぼ同水準の2.31カ月(97社)だった(6面に妥結一覧)。

 労働組合から入手した資料を中心に夏季一時金の妥結状況を探ったそれによると、前年と比較可能な同一125社では58万5880円となり、昨年の水準(57万2716円)より1万3164円上回っている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年7月6日第3023号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ