65歳以上の雇用支援強化へ 厚労省・生涯現役実現へ報告案

2015.05.25 【労働新聞】

シルバーセンター 派遣就労を促進 「臨・短・軽」要件も見直し

 厚生労働省は、生涯現役社会の実現をめざし、企業による65歳以上雇用の強化を図るべきとする検討報告(案)をまとめた。希望者全員が70歳以上まで働ける企業は、規模301人以上で2%に届いておらず、国による企業支援策の充実を求めている。高齢期になる前の職業生活設計や能力開発の促進も重要とした。シルバー人材センターについては、派遣、職業紹介の機能強化を訴えた。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年5月25日第3018号1面

あわせて読みたい

ページトップ