定額残業代支払 監督官がQ&A 中央労基協

2014.03.24 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京・中央労働基準協会(佐藤博恒会長)は、中央労働基準監督署と協力してブラック企業問題をテーマにした周知活動に力を入れ始めた。監督官によるQ&Aを会報紙に集中掲載するもの。

 例えば定額残業代について、労働契約に「基本給に残業代を含む」と明記するだけでは労基法上問題と指摘。「基本給25万円+月25時間分の残業代5万円=30万円」などと基本給と別に明示すれば法違反に当たらないとした。

関連キーワード:
平成26年3月24日第2962号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ