旅館業 経営戦略人材を確保へ 業界団体

2014.02.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

日商と連携し説明会 観光学部生などが対象

 一般社団法人日本旅館協会(近兼孝休会長)は来年度、経営戦略やマーケティング分野に必要な優秀人材の確保に力を入れる。日本商工会議所などと連携して合同企業説明会を開催し、新規学卒者に対するPR活動を積極化させる考えだ。地元大学の観光学部などの学生に業界の魅力を発信し、採用へとつなげる狙いがある。近年、観光産業の衰退が懸念されるなか、地域の商工会や観光協会と連携して観光客誘致などの課題に取り組めるマネジメント層の育成が急務となっている。昨年度作成した職業能力評価基準の導入促進によるキャリアパスの明確化も図っていく。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年2月17日第2957号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ