一人作業での責任者兼任は回避を IT産業の業務委託で手引 業界団体

2016.05.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 情報サービス産業協会(横塚裕志会長)は、システム開発などの業務委託契約を適正に運用するためのガイドラインを改訂した。厚生労働省が示している派遣と請負の区分に関する疑義応答集(第2集を含む)を踏まえて改訂したもので、受注者が発注者側施設で一人作業を行わせるケースでは、派遣事業として判断されないために、作業者に責任者を兼務させないよう求めている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年5月23日第3065号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ