【今週の視点】斜陽の特定最賃に再度脚光か

2015.11.09 【労働新聞 今週の視点】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

活用謳った附帯決議 同一労働同一賃金法で

 ワーキングプア解消目的で近年大幅に引き上がった法定最賃にその存在意義を奪われだした特定最賃だが、先の国会で成立した「同一労働同一賃金推進法」の運用如何で再び脚光を浴びる可能性が出てきた。同法の附帯決議で特定最賃の活用検討が謳われたためで、雇用形態間の賃金格差を生みにくくしている欧州の協約賃金に倣った施策につながるか、注目される。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年11月9日第3040号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。