【今週の視点】期待抱かせる一手を 好業績受け年収増へ

2013.03.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

一部企業で“敏速な反応”

 春闘を前にして、一部の企業が賞与への上乗せや一時金支給による賃金アップを表明した。いずれもアベノミクスに賛同し、その要請に敏速に応じたものだが、なかには翌年以降も継続的に実施できればとの意向も聞かれる。好業績を背景に年収ベースで3%程度を加算する施策は、社員に将来への期待を抱かせる一手となり得よう。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年3月11日第2912号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ