【今週の視点】容易ならざる内需拡大

2014.06.16 【労働新聞】

可処分所得は実質減 一部上場400社がベアも

 企業に財布の紐を緩めさせたということでいえば、その是非はともかく、首相が経済界に対して行った賃上げ要請の効果は絶大だ。東証一部上場の400社が今春闘でベアに踏み切ったことが国の中間集計で明確になったが、折からの物価上昇に増税も手伝い、労働者の生活を上向かせる可処分所得はマイナスを継続中。成長の鍵を握る内需拡大は容易ではない。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成26年6月16日第2973号7面

あわせて読みたい

ページトップ