【今週の視点】「残業ゼロ」の範囲は流動的

2014.08.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

フライングは禁物 割増計算「後でツケ」

 政府の改訂成長戦略には、年収1000万円をボーダーラインとして「新たな労働時間制度」の創設をめざす方針が明記された。過去の法改正を振り返ると、「改革を先取り」し、フライング的に労働時間制度の改編にチャレンジする企業も少なからずみられた。しかし、割増賃金の削減を急ぐあまり、グレーな賃金管理に陥らないように慎重を期す必要がある。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年8月25日第2982号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ