全国加重平均は848円に 厚労省・地域最賃

2017.09.08 【労働新聞】

 厚生労働省はこのほど、全国のすべての都道府県審議会が平成29年度における地域別最低賃金の改定額を答申したと発表した。

 答申により全国加重平均額は、昨年度から25円引き上がり848円となっている(別掲)。

 引上げ額25円は、最低賃金額を時給のみで表示し始めた14年度以降、昨年度と並んで最大としている。

ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成29年9月4日第3127号1面

あわせて読みたい

ページトップ