県内企業の7割残業削減に着手 愛媛県

2017.08.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 いよぎん地域経済研究センターは、愛媛県内の企業の働き方改革の取組みに関する調査結果を発表した。

 それによると、残業削減に取り組む県内企業の割合は73.5%となっている。具体的な取組み内容としては、業務の効率化(65.6%)、従業員の意識改革(62.4%)、管理者の意識改革(54.5%)、人員配置の見直し(35.7%)などが挙がった。

 その他の取組みをみると、高齢人材の活用(61.8%)に取り組む企業が多い一方、テレワークの導入(3.5%)、副業・兼業の容認(6.6%)など多様な働き方の推進に力を入れる企業は1割にも満たない結果になっている。

 調査は今年5月に行われた。愛媛県内に事業所を置く法人429社の回答をまとめたもの。

平成29年8月21日第3125号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ