自殺防止へ指導徹底 長時間労働是正を重視 政府大綱

2017.08.08 【労働新聞】

 政府はこのほど、「自殺総合対策大綱」を閣議決定し、勤務問題において長時間労働の是正とメンタルヘルス対策の推進、ハラスメント防止を重点的に取り組む方針を打ち出した。

 過重労働による健康障害防止に向け、長時間労働が行われている事業場に対する監督指導を徹底するほか、小規模事業場や非正規雇用労働者にも配慮した環境整備に努める方針とした。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年8月14日第3124号1面

あわせて読みたい

ページトップ