IoT導入を支援 産学官の専門チームを派遣 福井県

2017.06.27 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 福井県は、中小企業でのIoT導入を支援する取組みを拡充した。導入を検討している企業に産学官のプロジェクトチームを派遣し、各企業の課題に沿った導入方法をアドバイスしていく。製造業を対象に昨年度実施した取組みを商業・サービス業に拡大したもの。

 プロジェクトチームは、NPO法人福井県情報化支援協会や県内IT企業、学識経験者などで構成。今年度は製造業2社、商業・サービス業3社に派遣する予定で、派遣企業は7月中に決定するとした。

 企業の決定後に、まず同協会会員のITコーディネーターが、各社におけるIoT導入の可能性を調査する。調査結果に基づき同チームが、企業の課題に応じた導入方法や人材育成策を提案していく。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年6月26日第3118号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。