現場判断で早退可能 企業の子宝率を初調査 福井県

2012.03.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 福井県は、従業員の子どもが多い企業は子育てに“強い”企業との考えから全国で初めて「企業の合計特殊子宝率」の調査を行った。子宝率の高い企業を分析したところ、小規模企業が多く育児のための遅出や早退などが現場の判断で取得しやすいことなどが分かった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年3月12日第2864号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ