27年賃金改定 5282円に 厚労省調べ

2015.12.28 【労働新聞】

  平成27年の賃金改定額は前年を上回る5282円に――厚生労働省が実施した賃金引上げ等の実態に関する調査で分かったもので、対象は常用労働者100人以上企業1661社。

 今年8月時点で、平均賃金を引き上げた(引き上げる)企業は、全体の85.4%で、前年の83.6%を上回った。改定額は、前年より1.9%上昇(前年1.8%)の5282円(同5254円)となっている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年12月28日第3046号1面

あわせて読みたい

ページトップ