熱中症の死傷462件 28年確報値を発表 厚労省

2017.06.21 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 職場での熱中症による死傷者が462人に――厚生労働省がまとめた平成28年の熱中症の発生状況(確報値)で分かったもので、このうち死亡者は12人だった。

 熱中症による死傷者は、猛暑だった22年以降も毎年400~500人で高止まりしているのが実態である。

 死亡者の状況をみると、「WBGT値(暑さ指数)の測定をしていなかった」「熱への計画的な順応期間を設定していなかった」など基本的な対処を怠っていたケースがめだつ。

 今夏も気温が平年並み以上となる見通しとなっているため、厚労省では9月30日までを期間とする「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」を実施中。

平成29年6月19日第3117号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。