熱中症予防を強化 厚労省・5月からキャンペーン

2017.04.13 【労働新聞】

 熱中症予防へクールワークキャンペーンーー厚生労働省は、今年5~9月までの期間において、職場における新たな熱中症予防対策をスタートさせると発表した。

 「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」と銘打って、関係団体を巻き込んだ啓発指導に取り組む。各種業種別労災防止団体、全国警備業協会などと連携し、個別企業への周知を促す狙い。厚労省ホームページには、予防対策や好事例を紹介する特設サイトを設ける予定とした。

 毎年400~500人の熱中症による死傷者が発生しており、第12次労働災害防止計画の目標値を超えている。

掲載 : 労働新聞 平成29年4月10日第3108号1面

あわせて読みたい

ページトップ