土日・夕方も活用 採用選考活動で要請 内閣官房

2017.06.14 【労働新聞】

 内閣官房と関連省庁は連名で、経済・業界団体に対し、平成30年度新規大学卒業予定者の就職・採用活動開始時期について、経団連の「採用選考に関する指針」を遵守するよう要請した。

 就職・採用活動の開始時期については、前年に引き続き採用選考開始時期が6月1日以降、正式内定が10月1日以降となった。

 このため、日程の遵守とともに、学生の授業、試験などに十分配慮し土日や夕方以降の活用も含めた採用選考活動を行うよう求めた。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成29年6月12日第3116号1面

あわせて読みたい

ページトップ