熱中症予防徹底を要請 暑さに応じて作業中断も 東京労働局

2022.07.22 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京労働局(辻田博局長)は7月6日、熱中症予防対策の徹底を(公社)東京労働基準協会連合会など8団体に要請した。井口真嘉基準部長が各団体の代表者に要請文を手渡し、WBGT計で測定した暑さ指数に応じた作業の中断・短縮、休憩時間の確保、持病を持つ人への配慮、水分・塩分の積極的な摂取など、重点取組期間である7月に会員事業場と一体なった予防の取組みを図るよう求めた。

 今年は6月下旬から気温が上がり、都心では統計史上初となる9日連続の猛暑日を記録。「熱中症による労働災害の29.5%は梅雨明け後の1週間で発生しており、急に気温が上がる時期の暑熱順化が重要になる」(井口部長)と協力を仰いだ。

 

関連キーワード:
メルマガ新着ニュース 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。