育休の愛称を「育業」に決定 東京都

2022.07.12 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京都は育児休業の愛称を「育業」に決めた。6月29日に開いた育休取得応援サミットで明かした。4月28日~5月30日まで募集し、8825件の応募があったもの。「業」には仕事という意味のほか、「努力して成し遂げること」という意味があり、育児は「業」に当たるとしている。

 都では今後、育業の趣旨に賛同する企業を募集し、応援プロジェクトを実施する。プロジェクトでは育業のロゴを新たに作るほか、事業費の一部支援やSNSでの発信をしていくとしている。

関連キーワード:
令和4年7月11日第3360号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。