健診未実施が7割 社福施設へ腰痛調査 横浜南労基署

2015.12.14 【労働新聞】

 定期的な腰痛健診を実施していない事業場が多数に神奈川・横浜南労働基準監督署(安食正明署長)は、社会福祉施設に対して腰痛防止に関する自主点検を実施した。調査は今年8~9月、管内の67事業場を対象とし、50事業場から回答を…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年12月14日第3044号3面

あわせて読みたい

ページトップ