10時間以上の経験目安 リスクアセス具体例追加も ドローン安全指針改訂で 厚労省

2022.05.27 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、経済産業省、消防庁と連携して策定した「プラントにおけるドローンの安全な運用に関するガイドライン」を改訂した。ドローンの活用状況の変化を踏まえた安全性の向上と、航空法改正への対応を目的としたもので、操縦者の要件では、飛行実績の目安として10時間以上の飛行経験があることが望ましいと明記。リスク対策関連の例については、「他の飛行物がないことを確認後飛行すること」「鳥獣等がいないことを確認後飛行する」などを追加している。併せて「化学設備等の定期自主検査におけるドローン導入マニュアル」と「プラント設備等におけるドローンを活用した点検事例集」も作成した。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年6月1日第2403号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。