一般労働者・男性は0.5%減の33.7万円 令和3年の賃構

2022.03.25 【Web限定ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は「令和3年賃金構造基本統計調査」を公表した。一般労働者・男性の所定内賃金は33.7万円で、前年結果から0.5%減少している。女性は0.7%増の25.4万円、男女計は0.1%減の30.7万円だった。

 短時間労働者の1時間当たり賃金は、男性が1631円(前年比1.6%減)、女性が1290円(2.3%減)となっている。

 詳細は、4月11日付労働新聞8・9面で紹介予定。

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。