継続就労支援へ“協定”結ぶ リラク業界4社

2017.05.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 全国のリラクゼーションチェーン4社は、導入研修の統一化と転居先での継続就労を実現できるよう協業協定を結んだ。業界内からの離職を防ぎ、セラピストの安定した確保などをめざす。

 協定を締結した4社は、㈱メディロム(東京都港区)、㈱ジョイハンズ(愛知県名古屋市)、㈱ベル・エポック(栃木県宇都宮市)、㈱クレール(大阪府大阪市)。合計労働者数は2000人以上、380店舗の規模となる。

 4社に共通する課題として、労働者の多くを女性が占め、夫の転勤や出産、介護など家庭の事情で勤務地域を離れざるを得ない場合、転居先の地域に店舗がなく離職してしまうことがあった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年5月22日第3113号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ