介護職の上限額600万円台に 転職賃金調査

2022.01.12 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 人材サービス産業協議会(JHR、水田正道理事長)は、求人データを元に職種別の年収相場を示す「転職賃金相場2021」をまとめた。特定加算などの影響から介護職の年収に上昇傾向がみられ、最高額の相場は首都圏349万~625万円、東海378万~688万円、近畿336万~525万円だった。首都圏と東海では上限額が100万円以上伸び、600万円台になっている。

 同調査は国内の主要求人メディア各社からデータ提供を受け、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年1月17日第3336号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。