すべての組合にベア要求を促す 連合が方針決定

2021.12.15 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 連合は12月2日、中央委員会で2022春闘方針を当初の案どおり決定した。賃上げについてはベア2%程度、定期昇給相当分を含め4%程度が要求の目安となる。

 冒頭で挨拶した芳野友子会長は、2年続けてコロナ禍の中での交渉となるものの、「昨年とはかなり状況が異なる」との認識を示した。「すべての組合が賃上げに取り組んでいただきたい」と強調している。

 委員会終了後、引き続き共闘連絡会議の代表者会議を開き、先行組合の回答ゾーンを3月14~18日、ヤマ場を15~17日とすることを確認した。

令和3年12月20日第3333号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。