子連れ出勤を制度化に表彰 山口県 働き方改革で

2021.11.14 【Web限定ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 山口県は、保育所や学校が休みの際の子連れ出勤を制度化した社会福祉法人周陽福祉会(防府市)など3法人を「令和3年度 やまぐち働き方改革推進優良企業」の優良賞として表彰した。睡眠見守りセンサーの導入などによって時間外労働時間も半減させているという。

 このほかの2法人は、県外転居者へのテレワーク勤務を導入した㈱豆子郎(山口市、菓子製造業)と、「ANG(アネゴ)ネットワーク」による女性活躍を進めている㈱中特ホールディングス(周南市、サービス業)。

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。