高血圧は月曜午前が危険 労健機構が研究結果

2017.04.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 職場高血圧は月曜日の午前中に頻発――労働者健康安全機構の旭労災病院(木村玄次郎病院長)の研究結果で判明したもので、この時間帯の仕事量抑制が必要などとしている。

 「職場高血圧に関する調査研究」によると、月曜日の午前中は、休み明けからダッシュして1週間のスケジュールをスタートさせるストレスが、心臓の仕事量や酸素消費量の上昇を促していることが分かった。

 同研究では、プレミアムフライデー以上に、月曜日の仕事量抑制を行う必要性を訴えている。

 65歳未満の勤労者207人を対象に、起床時、午前10時、午後4時、入眠前に血圧と心拍数などを測定した。

関連キーワード:
平成29年4月24日第3110号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ