解雇無効の一審判決維持 信頼関係破壊を否定 東京高裁

2021.09.24 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

セクハラ・窃盗で懲戒も

 みずほビジネスパートナー㈱が、親会社から転籍してきた労働者の解雇が権利濫用とされた判決を不服として控訴した裁判で、東京高等裁判所(相澤哲裁判長)は一審判決を維持し、解雇を無効と判断した。労働者は社内での窃盗とセクハラで、転籍から4年の間に2度懲戒処分を受け、業務ミスを繰り返し、4回部署を異動していた。同社は一連の行為で信頼関係が破壊されたと主張したが、同高裁は「信頼関係破壊を認めるに足りない」と評価。定年退職となる令和2年6月までのバックペイ支払いなどを命じた。

 同社(東京都新宿区、絹川幸恵代表取締役社長)はみずほ銀行の100%子会社で、…

【令和3年9月1日、東京高裁判決】

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和3年9月27日第3322号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。