マイナンバーカード普及へ10億円を計上 デジタル庁

2021.09.15 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 9月に発足したデジタル庁は来年度予算の概算要求をまとめ、マイナンバー制度の推進などに関する経費として、10.7億円を計上した。マイナンバーカードの利活用シーンをさらに拡大していくとしている。

 マイナンバーカードは個人番号の証明書類として使える。3月からは健康保険証としての利用が始まったが、4月現在の交付枚数は3596万9563枚、普及率は28.3%に留まっている。

 同庁発足に当たり、平井卓也デジタル大臣は第2の柱として「産業社会全体にわたるデジタル化」を掲げ、「新しい雇用や投資を生み出すことで、豊かに成長する経済社会を作っていく」とのメッセージを出した。

関連キーワード:
令和3年9月13日第3320号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ