鳶職のリアルを紹介 「誇り持てる仕事に」 多湖氏が講演

2017.04.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

ssd1 スルガ銀行は3 7 日、「知られざる鳶職人の世界~東京スカイツリーに携わった男たちのリアル~」と題したセミナーをd-laboミッドタウン(東京・港区)で開催した。鳶職人である多湖弘明さんが、自身のキャリアを交えながら鳶職人の仕事について紹介した=写真。

 多湖さんは、安全ネットや安全帯の重要性を例に挙げながら、「高所で鉄骨を組む鳶職人には、安全面でもプロ意識が求められる」と持論を展開。「鳶という仕事を、世間に認知され、誇りを持てる仕事にしていきたい」と、参加者へ自身の夢を伝えた。 

[平成29年4月1日付2279号] 掲載

あわせて読みたい

ページトップ