【特集】危険への感覚 300人が共有 電源開発の災害模擬体験学習会

2011.12.15 【安全スタッフ 特集】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 危険への感受性を高める体感教育を導入する企業が、最近では増えている。多くみられるパターンは、数人から数十人単位でグループに分けて項目別にローテーションで回っていく教育がほとんどだが、電源開発㈱が毎年2回実施している「災害模擬体験学習会」は規模が300人とそのスケールに圧倒される。構内で働く協力会社の作業者およそ300人が同日、同時刻にそして同時に危険への感覚を共有できる意味は大きい。職場でヒヤリ・ハットがあった場合など「あの学習会で体験したことが起こったかもしれない」といった共通認識ができているからだ。11月10日に学習会があると聞いたので広島に飛んだ。

 学習会の会場となったのは、同社の竹原火力発電所(広島・竹原市)で、構内事務所横駐車場の広いスペースで行われた。

【実施項目】

① 保護帽への飛来落下物衝撃度試験
② 保護帽の着用効果-低所からの墜落
③ 安全帯の実験その1-墜落時の衝撃力実験
④ 安全帯の実験その2-巻き添え事故
⑤ ロリップの役割と効果-墜落距離の確認
⑥ 積載形トラッククレーンの横転(傾斜)による、はさまれ災害の実験
⑦ 荷台上での積卸し作業時の積荷接触による転落災害実験
⑧ 不適格な番線使用による吊り荷の落下
⑨ 吊角度が60度以内での張力の確認
⑩ 吊角度が90度以上での張力確認
⑪ 丸のこの“踊り”による災害
⑫ 高所からの墜落実験

 実施する項目は上表のとおりで、12項目からなり午後1時にスタートし午後3時までの2時間の予定だ。1項目あたり5~8分程度で、長いものでは③が20分を実験時間に当てている。

 受講者は協力業者約300人のほか、地元の労働基準監督署、警察、消防からも見学に訪れた。

 講師は外部に委託、㈱エス・アール・エスのベテラン講師が「安全意識って何?」と問いかけ、いよいよ学習会がスタート。その内容をみてみよう。

【① 保護帽への飛来落下物衝撃度試験】5㎏の重りを無帽で70㎝と1mの高さから1回ずつ落とす。今度は着帽した状態で1mの高さから重りを落下。1mの場合、着帽していれば約3分の1まで衝撃が吸収されることを説明した。受講者は、保護帽をかぶる意味を再確認したようだ。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成23年12月15日第2152号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。