混合物にリスク判定 日化協がガイダンス作成

2015.12.07 【労働新聞】

 一般社団法人日本化学工業協会(小林喜光会長)は、化学品混合物のリスク評価手順を示した手引き「JIPS混合物リスク評価のためのガイダンス」を策定し、同協会のリスク評価総合支援ポータルサイト「BIGDr(ビッグドクター)」内で公開した。会員企業と会員団体傘下企業の延べ4500社のほか、会員企業のグループ会社などが利用…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年12月7日第3043号2面

あわせて読みたい

ページトップ