【今週の視点】“後遺症問題”が気掛かり 現役世代の感染増加 

2021.09.01 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

新型コロナ対策再強化を

 商業施設での大規模クラスターが発生するなど、新型コロナウイルスの影響が続いている。長引くコロナ禍で対策が疎かになってしまいがちだが、今一度対策を強めたい。発症者の中心が「現役世代」に移行した今、後遺症への懸念も高まっている。集中力低下などの症状が出れば一時的な時短勤務などを講じざるを得ず、長引けば退職の恐れもある。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年8月30日第3318号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ