高年齢者の安全衛生対策 機能低下を自覚させ労働災害減少 中災防が好事例集作成

2017.04.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 身体機能の低下を労働者に自覚させ労働災害が減少――中央労働災害防止協会は、高年齢労働者の活躍促進に向けた安全衛生対策の好事例集を作成した。「高齢者の就業促進」が働き方改革のテーマに上るなか、労働災害防止と働きやすい環境整備に向けた企業の取組みを後押しするのが狙い。加齢に伴う身体機能低下への自覚を促す安全衛生教育を実施して災害防止につなげたり、製造ラインで働き続けられるよう30歳代から体力づくりプログラムを実践するケースなどを取り上げた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年4月3日第3107号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ