労働災害増加で局長が緊急パト 神奈川労働局

2012.08.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 神奈川労働局(及川桂局長)は労働災害が増加傾向にあることから、緊急的に局長パトロールを行った。災害防止を積極的に取り組んでいる企業を水平展開する目的で、7月3日に日清オイリオグループ㈱横浜磯子事業場で実施した。

 当日は、製造ラインや荷役現場を視察。同社の危険訓練施設の「安全塾」では及川局長自らが、はさまれ・巻き込まれなどを擬似体感した。

 同労働局の災害件数は平成24年1~5月末で死亡者数16人、死傷者数は2079人だった。死傷者は昨年同期比で7.4%も増えている。

平成24年8月1日第2167号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。