不当労働行為で指名停止に 大阪府・措置

2021.05.26 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大阪府は㈱共立メンテナンス(東京都千代田区)の入札参加を停止した。停止期間は5月13日~6月12日までの1カ月間となっている。同社が中央労働委員会から、4月26日付で不当労働行為による命令書の交付を受けたことが、停止措置の要件に該当すると判断した。

 同社は平成31年4月~令和元年7月にかけ、労働組合から3度団体交渉を申し込まれたが、組合規約に不備があるとして、応じなかった。大阪府労働委員会、中労委ともに正当な理由のない団交拒否に当たるとして、団交応諾とポストノーティスを命じていた。

 大阪府は各種法令に違反し、監督官庁から処分を受けた場合、1~3カ月間の入札停止にすると定めている。

令和3年5月31日第3306号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。