介護人材確保へ採用経費を補助 国交省

2021.02.02 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 国土交通省は、新型コロナウイルス感染の流行期であっても自動車事故による重度後遺障害者が手厚い介護を受けられる態勢を確保するため、重度訪問介護事業を行う事業者などを対象とする介護職員等緊急確保事業を開始する。新たな職員を雇用した際の賃金や、求人情報を発信する際の経費を補助する。

 令和2年度第3次補正予算によって実施するもので、同予算成立後に開始する。

 対象になるのは、令和2年度に自動車事故によって重度の後遺障害を負った在宅重度後遺障害者が入所・利用している重度訪問介護事業所や障害者支援施設など。令和3年3月31日までの間に新たに採用した従業者の雇用に関する経費を補助する。大手就職情報サイトへの求人掲載など情報発信経費についても1施設につき40万円を限度に補助する。

令和3年2月1日第3291号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ