『労働基準監督官の目』の連載記事

2011.02.01 【安全スタッフ】
【労働基準監督官の目】人間の感情に訴える

 トンネルや室内における一酸化炭素中毒、クレーンの転倒、解体現場での壁の倒壊、エレベーター・エスカレーターでのはさまれ、化学プラントでの火災などが、新聞紙上やテレビなどのメディアで毎日のように取り上げられている。これらの事故に直接的にまた間接的に関わった個々人は、誰もエラーを起こそうとして起こしているわけではないだろう。人間は誰しも多かれ……[続きを読む]

2011.01.01 【安全スタッフ】
【労働基準監督官の目】「暗黙知」の欠如

 ずいぶん前、トンネルの切羽の落盤により、発破の結線作業を行っていた労働者が死亡する災害の調査を行ったことがある。その工事では、周囲の地盤に振動を与えないようにする必要から、連続的に穴をあけ切羽を円形にくり抜く特殊な掘削の工法を採用していた。切羽を円形にくり抜いた状態では、切羽の部分が周囲の岩盤から切り離されることになるため、落盤の危険性……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ