『事故防止 人の問題を考える』の連載記事

2020.03.27 【安全スタッフ】
【事故防止 人の問題を考える】第81回 リスクを熟知する人を育てるには(トラック編:交通事故) NEW

不安全状態を「当たり前」にしない  新年度になり、職場には、初々しい新人が入ってきていることでしょう。右も左も分からない新人には、職場に潜む危険とその対策をしっかりと教育することが何より大切です。  今から37年前、ゼネコンに入社し建設現場に配属され、その現場に赴任した初日に言われたことが、「溶接の光をみてはダメ!」でした。今でもはっきり……[続きを読む]

2020.03.10 【安全スタッフ】
【事故防止 人の問題を考える】第80回 リスクを熟知する人を育てるには(フォークリフト・後編)

積み荷で前方に死角が生じる  前回、フォークリフトによる墜落・転落、転倒の死亡災害事例を取り上げました。今回は引き続き、フォークリフト作業に潜むリスクを見ていきます。  フォークリフトの激突されにより6人、はさまれ・巻き込まれにより4人が亡くなっています。このうち、激突されは、フォークリフト前進中(推定含む)のものが3人、誤操作での暴走や……[続きを読む]

2020.02.26 【安全スタッフ】
【事故防止 人の問題を考える】第79回 リスクを熟知する人を育てるには(フォークリフト・前編)

スピードもないのに労働災害が多発  リスクを熟知した人を育てるためには、全国で頻発している死亡災害などの労働災害を学ぶことが大切です。似たような災害事例をいくつも読み続けるうちに、「どうしてこのような災害が繰り返し発生するのか?」という疑念がわき、「自分の現場でも発生するのではないか?」と問題意識が芽生えてきます。  全国で頻発している死……[続きを読む]

2020.02.12 【安全スタッフ】
【事故防止 人の問題を考える】第78回 リスクを熟知する人を育てるには(はしご編)

危険がないように思っても…  リスクを熟知した人を育てるためには、全国で頻発している死亡災害などの重篤な労働災害を学ぶことが有効です。似たような死亡災害事例をいくつも読み続けると、「どうしてこのような死亡災害が繰り返し発生するのか?」という疑念が湧き、「自分の現場でも発生するのではないか?」と問題意識が芽生えてきます。  全国で頻発してい……[続きを読む]

2020.01.28 【安全スタッフ】
【事故防止 人の問題を考える】第77回 リスクを熟知する人を育てるには

用心深く災害発生を疑う目を  前回は、リスクを熟知した人が、現場のリスクを洗い出そうとする人を教育することが重要になるという話をしました。では、リスクを熟知した人とはどのような人で、どうしたらリスクを熟知した人を生み出せるのでしょうか?  現場に潜むリスクは多種多様です。それらを一つひとつ丹念に洗い出せる人はそうはいません。  このため、……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ